オフィスを見てみよう

綺麗な夜景

様々な業種が存在し、多くの事業形態が存在する現在のビジネスにおいてオフィスのあり方も再定義が進んでおり、それに伴って新たな形態の賃貸不動産物件も登場しています。例えばその1つがレンタルオフィスと呼ばれるタイプの事務所です。このタイプの事務所は通常の賃貸事務所とは違ってスケルトンではなく、最初から設備等がその事務所内に設けられています。居抜き物件とも違っており、事務所内の空間を間借りするというサービスになっています。このため通常の賃貸事務所で必要な仲介料や敷金などが必要なく、イニシャルコストを抑えて業務を開始できます。他にもフリーレントの事務所なども登場しており、賃貸オフィスのは今後もニーズに合わせてより多様化すると見られています。

どのような契約書でも、交わすときにはその条項を1つずつ目で追って注意をして確認していく必要があります。これは賃貸オフィスを借りるときの契約書に関しても同様で、サインをする前には注意をしておきたいこともあります。その1つが解約違約金の項目で、これは契約期間内において解約をした場合に支払う必要がある解約違約金について取り決めです。契約期間の満了時以外に、解約をすると解約違約金が定められている場合は、支払い義務が生じます。このため契約書を交わす時には解約違約金についてはその額なども確認して、納得をしてからサインをすることが重要です。たとえ契約満了後に再契約をした場合でも、解約違約金はそのまま条項が残っているので、一度でも解約をすると違約金が発生するので注意が必要です。